アレグラが最も売れている理由

花粉症治療において病院で処方されている薬の中で、最も多く処方されているのがアレグラです。アレグラは眠気などの副作用を抑えながら、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる目的で開発された薬です。

アレグラは副作用を極力抑えた薬

アレグラとは、フェキソフェナジン塩酸塩を主成分とする抗アレルギー薬で、「ヒスタミンH1拮抗薬」として知られます。第2世代の抗ヒスタミン薬で、第1世代に多かった副作用がほとんど見られないのが特徴です。
アレルギーの原因物質が体内に侵入すると、免疫機能の働きで肥満細胞はヒスタミンをはじめとする化学伝達物質を放出します。このヒスタミンなどの化学物質が、神経受容体(H1受容体)と結合する事でアレルギー症状を引き起こしますが、アレグラはヒスタミンの受容体を遮断する事でアレルギー症状を抑制します。アレルギー性鼻炎をはじめ、じんま疹や湿疹、皮膚のかゆみなどに有効です。花粉症予防に対する効果も高く、花粉の飛散が始まる直前から服用を開始する必要があります。その後も花粉症シーズンが終わるまで服用を続ける事で、症状を抑えたり軽減する事が可能です。抗アレルギー薬の中でも効果が現れるのが早いため、服用すればすぐに効いてきますが、十分な効果が現れるには数日かかる場合があります。
アレグラは副作用が非常に少ない薬で、特に眠気の副作用がほとんどないため、自動車の運転や集中力を要する作業を行う人でも使用する事ができます。脂溶性が低いので成分が脳に入らず、副作用の検証において眠気が発現しない事を認められているので、車の運転を含め眠気に関する制限事項がありません。
錠剤のアレグラの場合、成人は通常1回60mgを1日2回経口服用します。7歳以上12歳未満の小児にも使用でき、1回30mgを1日2回、12歳以上の小児では成人と同じ1回60mgを1日2回経口服用して構いません。量はアレルギー症状の強さによって増減する場合があります。錠剤以外にはドライシロップも存在します。

■花粉症に効く薬はコチラで通販
花粉症には即効性の高いアレグラ
ザイザルもおすすめです