アレグラが最も売れている理由

花粉症治療において病院で処方されている薬の中で、最も多く処方されているのがアレグラです。アレグラは眠気などの副作用を抑えながら、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる目的で開発された薬です。

アレグラとアレジオンの効果の強さの比較

アレグラとアレジオンは共に抗ヒスタミン剤と呼ばれる抗アレルギー薬です。抗ヒスタミン剤は名前の通りヒスタミンの作用を阻害することによってアレルギー疾患に有効性を示す薬です。詳細に説明するとアレルギー症状を引き起こすケミカルメディエーターの1つヒスタミンがその受容体であるヒスタミンH1受容体に結合するのを阻害して、アレルギー症状を改善するのです。アレグラとアレジオンは共に一般用医薬品としても医療用医薬品としても販売されています。一般用医薬品で効果の強さを比較すると、アレグラの方が効果が強いでしょう。それはなぜかというとアレグラは医療用医薬品と同じ量の有効成分が含有されていますが、アレジオンは医療用医薬品の2分の1の有効成分量となっているためです。ただ医療用医薬品で両者を比較すると、効果の強さとしてはさほど差はありません。ほぼ同等の強さと考えていいでしょう。
ただアレグラ、アレジオンにはそれぞれ特徴があるので、その特徴を理解した上で薬の選択をすればいいでしょう。
まずアレグラの利点は、眠気、ふらつき、口渇などの抗ヒスタミン剤に特徴的な副作用が起こりにくいことが挙げられます。抗ヒスタミン剤を服用して、このような副作用を感じたことがあって、この副作用を何とか回避したいと考える方はアレグラを選択すればいいでしょう。
一方、アレジオンの利点は1日1回の服用で1日効果が持続することです。1日1回になることの最大の利点は飲み忘れなどの問題が解決することです。ですから飲み忘れの不安がある方にとってはアレジオンの方がおすすめです。また1日1回であれば、夕食後に服用すると、眠気の副作用にあまり困ることは無くなります。