アレグラが最も売れている理由

花粉症治療において病院で処方されている薬の中で、最も多く処方されているのがアレグラです。アレグラは眠気などの副作用を抑えながら、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる目的で開発された薬です。

アレグラと併用してユーカリやカルシウムで快適生活

花粉症はアレルギーにより鼻水が出たりまた、鼻が詰まったりする事による頭痛や頭重等の症状を引き起こし日々の生活に影響を与える場合も多いため抗アレルギー薬に頼りがちな傾向にあります。通常のアレルギーを抑える薬はアレルギーを抑える代わりに強い眠気を感じるものがあります。しかしアレグラなど、全く眠気を感じる事なく日々の辛さを和らげる薬が登場し増した。但し、全てを抑え込めるかどうかは薬を服用している人の症状や体質に関係している部分が多いのも事実で、アレグラを飲んでいて全く症状を感じない人もいれば、使用していても多少の症状を感じる人もいます。
その場合は本当にその症状全てがアレルギーによるものなのかを識別する必要があります。人間はストレスを感じただけで鼻水が出る場合があり、頻繁に繰り返す事で鼻の粘膜が敏感になってしまいます。鼻や喉の粘膜を丈夫にする為にカルシウムを多く摂ってみましょう。カルシウムは体内に取りこまれる事で体の粘膜を強くする効果があるとされています。粘膜が弱く敏感になった状態では鼻をかむだけで粘膜が破けて鼻血がでたり粘膜が敏感になりすぎてすぐ鼻水が出たりしますがカルシウムがこの状態を改善してくれます。また、鼻水が出ているせいで鼻詰まりが気になる場合にはユーカリが効くとされています。アロマオイルなどでも販売されていますが、ユーカリエキスを入浴する前に浴槽に数滴入れる事によって、お風呂の蒸気の中に含まれたユーカリエキスを鼻から吸い込む事でメンソール効果の様に鼻の通りを良くします。更にリラックス効果もあるのでストレスを減らす事ができます。こうした生活の中でも改善出来ない場合にはアレグラを併用します。