アレグラが最も売れている理由

花粉症治療において病院で処方されている薬の中で、最も多く処方されているのがアレグラです。アレグラは眠気などの副作用を抑えながら、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる目的で開発された薬です。

アレグラの量は大人と子供で違う

アレグラというのは、花粉症をなどのアレルギー症状を抑えるための薬です。子供と大人では用法が異なるので正しい使用法を実践しなくてはいけません。
アレグラはアレルギーの発症に関与しているヒスタミンという物質の作用を妨害することによって、花粉症独特のアレルギー症状を抑制することができます。抗ヒスタミン剤は眠気や口の乾燥などの副作用の発生率が高いことが多いのですが、アレグラに関してはそのような眠気を引き起こすことがないというメリットがあります。そのため、服用した後であっても自動車の運転や機械的な操作によって工場で働くなど日常生活に悪い影響を及ぼさないメリットがあります。
アレグラの魅力は、一般的な薬局であっても購入することが出来る点にあります。これは医薬品と同じ扱いですが病院で処方せずに薬局で処方してもらうときにはきちんと薬剤師の指示を仰がなくてはいけません。当然、病院で処方してもらうときには医師の判断で処方してもらうことが可能です。
大人がアレグラを服用するときには1日2回に分けて服用することが大切になります。そして、さらに重要なのが大人が服用する量にあるのです。一般的に大人だけではなく12歳以上の年齢を過ぎている人はアレグラを服用するときに60mgの量を一度に服用しなくてはいけません。しかし、それ未満の子供に関しては一度の服用で30mgの量として決められています。大人と子供では服用するときの量が全く異なっているので注意をしなくてはいけません。
また、大人と子供を問わず服用するときには必ず二回に分けて飲むことが大切です。二回に分けて服用しないと身体に大きな副作用が生じることもあるため、使い方を間違わないように気をつける必要があるのです。