アレグラが最も売れている理由

花粉症治療において病院で処方されている薬の中で、最も多く処方されているのがアレグラです。アレグラは眠気などの副作用を抑えながら、花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和させる目的で開発された薬です。

クリニックでじんましんでアレグラを処方された場合

アレグラは、現在一般用医薬品でも医療用医薬品と同じ成分のものを購入することができる、広く用いられる抗アレルギー薬の一つです。有効成分はフェキソフェナジンで、いわゆる第二世代の抗ヒスタミン薬です。アレルギー性鼻炎やじんましんなどの皮膚疾患にともなうかゆみの改善に用いられます。病院でもクリニックでも多くの医療機関で処方されていますが、特に小児科や耳鼻咽喉科、皮膚科のクリニックにて使用頻度の高い薬品と言えるでしょう。じんましんにアレグラを用いる場合、主な処方科はもちろん皮膚科ですが、小児の場合には小児科から処方されることもあります。副作用としては眠気が最も有名ですが、アレグラは眠気が出にくい薬であるということをセールスポイントにしています。これらの抗ヒスタミン薬には第一世代、第二世代といった分け方があり、一般的に第二世代の抗ヒスタミン薬の方が脳への移行が少なく眠気が出にくいという特徴があります。クリニックにじんましんの治療で受診し、アレグラが処方された場合に注意するべきことは多くはありません。他の薬との相互作用、いわゆる「飲み合わせの悪い薬」もほとんどなく、副作用の報告としては重篤なものでショック・アナフィラキシー、肝機能障害・黄疸、無顆粒球症・白血球減少・好中球減少などがありますが、頻度不明で発現率は低く、服用により大きな問題になることはほとんどない薬の一つと言って差し支えありません。通常の服用で注意するべき点は、眠気や、集中力・注意力の低下程度で、これに関しても気にならずに服用できる人がほとんどです。もし眠気が強いなどの場合は、アレグラ以外の抗ヒスタミン薬への切り替えなどで対応しますが、医師の判断を確認した上で、医師・薬剤師の指導を受けて適切に使用することが大切です。